2009年05月16日

売上げNO1のFX商品

巷にあふれるFX情報ですが、本物は一握りでしょうか?

今、インフォカートで売上げNO1の商品です。

現役のアナリストが開発したノウハウは、凄い!の一言です。


著者の町田氏いわく・・・

私には現在、67名のクライアントがいます。
その67名全員が毎月平均150%を超える増加率となっております。

ドル/円専用!町田式ファンダメンタルズFXとは、テクニカル分析を基準とし、ファンダメンタルズ面を取り入れ、エントリーとクローズのタイミングを証券アナリストとして算出し、SEとしてシステム開発したノウハウをクライアント様に提供しているシステムです!


現役証券アナリスト町田絢美が唱える!ドル/円専用!町田式ファンダメンタルズFXシステムズノウハウパック

posted by FX at 07:07| 最新情報! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月15日

外国為替証拠金取引の特徴

外国為替証拠金取引(がいこくかわせしょうこきんとりひき)とは、


小額の証拠金(取引額の数%〜10%程度の額。保証金ともいう。)を
業者に預託し、差益決済による外国通貨の売買を行なう取引をいう。

金融派生商品(「デリバティブ」)の1つ。「FX」、「通貨証拠金取引」、「外国為替保証金取引」などともいう。


商品先物会社証券会社などで扱われていることが多い。


本取引は、外国為替相場に関する知識や経験を要するハイリスク・ハイリターンな商品








posted by FX at 00:13| 外国為替証拠金取引の特徴 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

外国為替証拠金取引の主なリスク


●外国為替相場の変動


相場の変動がある以上、利益が期待できる反面、損失を受ける場合がある。

証拠金の何倍もの取引を行うことができるため、損失が預託した証拠金を
超え、さらなる証拠金を請求されることもあり得る。




●業者に対する信用リスク


業者が倒産すると、預託していた証拠金が戻ることは期待できない。
(ただし、自主規制で客から委託された証拠金は自社の資金とは別勘定で
信託銀行などで管理するところもあるので、約款などで確認することに
なる。)



外国為替証拠金取引の取引の例


(説明を簡単にするため金利や手数料は考えず、相場変動だけを考える。)

例:

5000ドルの証拠金を預託すると、10万ドルの取引が可能とする。
つまり、証拠金は取引額の5%。


(預託した証拠金よりはるかに大きな取引が可能であることに注意)



1ドル=120円のときに取引開始して10万ドルを買い、

その後、1ドル=115円になったとする。

このときの収支は、どうなるであろうか?



1ドルあたり115円-120円=-5円であるから、
10万ドルでは50万円の損失である。


また、証拠金は1ドル=120円のときに、5000ドルであるから60万円である。


結局、初めの証拠金の60万円に対して50万円の損失を差し引くと、
残るのは10万円だけであり、実に初めの1/6の金額となってしまう。

(実際には、途中で追加の証拠金を求められることがあり、
これを追加証拠金(「追証」)という。

また、10万ドル全額で取引したというこの例の設定自体も、
無謀な取引の例である。)


上記と逆に、その後、1ドル=125円になったという例を考えると、
50万円の利益となる。

つまり、初めの証拠金の60万円が110万円となり、
実に2倍弱になるわけである。


これが通常の外貨預金であれば、1ドルが5円上下
したところで、
元金10万ドル(1200万円)に対しての50万円の損失または利益である。

一方、外国為替証拠金取引では証拠金5000ドル(60万円)
に対しての50万円の損失または利益である。

このようなことを考えると、外国為替証拠金取引が極めて

ハイリスク・ハイリターンなことが理解できる。



posted by FX at 00:08| 外国為替証拠金取引の取引の例 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

金融商品販売法の適用


本取引は、2004年4月1日施行の「金融商品の販売等に関する法律
(「金融商品販売法」)の改正により、「直物為替先渡取引」に該当する
ことが明確になった。(金融商品販売法 第2条1項12号、同法施行令 第4条)

このため、業者はリスク等に対する説明義務が課せられる。

説明が尽くされておらず顧客が被害を蒙った場合は、業者は損害賠償責任
負うことになる。(同法 第3条1項2号、第4条)

posted by FX at 00:03| 金融商品販売法の適用 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

金融先物取引法による規制



本取引は、従来は取引に関する法律(いわゆる「業法」)がなく規制もなかった。

しかし、2005年7月1日より金融先物取引法の改正により、以下のような規制がかけられた。


●業者が登録制になる。


●以下の禁止行為が設けられる。

・不招請勧誘の禁止
・契約をしない旨の意思表示をした人に対する再勧誘の禁止
・断定的判断を提供しての勧誘の禁止


●広告規制

・手数料やリスクなどについての表示を義務づけられる。


●書面の交付義務

・契約締結前、取引成立、証拠金受領時にそれぞれ書面の交付が義務づけられる。


●外務員が登録制になる。


posted by FX at 00:00| 金融先物取引法による規制 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月14日

デリバティブとは?


デリバティブとは

伝統的な金融取引(借入、預金、債券売買、外国為替、株式売買等)から
相場変動によるリスクを回避するために開発された金融商品の総称である。

日本語では金融派生商品(きんゆうはせいしょうひん)という。
デリバティブ(derivative)は、「誘導的な」「派生した」という意味である。



デリバティブ取引の特徴として次のことがある。

オフバランス取引であること
(伝統的な取引と異なり、貸借対照表に計上されない取引である)。

レバレッジ効果を持つこと
(少額の資金で、多額の原資産を売買した場合と同じ経済効果が得られる)。

リスクヘッジ効果を持つこと
(将来の取引を現時点で確定したりするため、リスクを抑制できる)。


posted by FX at 23:55| デリバティブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

外国為替とは?


外国為替(がいこくかわせ)とは、

通貨を異にする国際間の貸借関係を、現金を直接輸送することなく、
為替手形や送金小切手などの信用手段によって決済する方法をいう。

必然的に自国通貨と外国通貨とを交換することとなり、その交換比率、
すなわち外国為替相場が成立することになる。

狭い意味では、外国為替の手段である具体的な外国為替手形や
送金小切手のことを指したり、外国為替相場のことを指すこともある。

また、(やや本来の用法を逸脱するが、)銀行の外国為替業務と
言った場合、外国為替相場が関わる外貨現金との両替業務
(外貨現金の直接輸送があることが前提)や、外貨預金に関わる業務
(国際間の貸借関係を必ずしも前提としない)を含めることが多い。

「外為(がいため)」と略称で呼ばれることも多い。



かつて日本においては、対外為替取引きは許可を受けた場合のみ許される
という閉鎖的な為替取引きであったが、昭和54年に法律が大きく改正された。

外国為替、外国貿易その他の対外取引が自由に行われることを基本とし、
対外取引に対し必要最小限の管理又は調整を行うことにより、対外取引の
正常な発展、国際収支の均衡及び通貨の安定を図ることが目的とされる
こととなった。(外国為替及び外国貿易法第1条より)

その結果、支払等や資本取引等が原則として自由とされ、例外的な場合に
財務大臣の許可を受けなければならないとしてしている。
(外国為替及び外国貿易法第16条〜第25条の2より)


posted by FX at 23:51| 外国為替 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

悪徳商法の特徴


広告・勧誘・契約方法などに問題があるもの

意思の合致がないのに、一方的に契約の成立を主張するもの。

勧誘目的を隠して、接近してきたり、誘い出すもの。 - 当選商法など。

申し込みをしてないのに、商品などを一方的に送り付けるもの。

水道局・消防署・電力会社・NTTなどの官公庁や公共企業の職員を騙ったり、
暗示して、接近してくるもの。

神・仏・霊・占いなどを利用し、不安を煽るもの。

虚偽・誇大な広告など。

効果や結果などが断定できないのに、断定調で広告や勧誘をするもの。
- 「最低でも2kgは痩せます」「○○株は必ず上がります」など。

金融商品などリスクを伴う商品やサービスなどについて、期待できる利益
ばかりを強調して、予測されうる不利益について説明を十分に行わないもの。

契約内容について十分な説明をしないもの。

契約内容について、検討する時間を十分に与えず、早期の契約締結を迫るもの。

勧誘を拒んでも、再び勧誘するもの。

強迫や詐欺などを手段として、契約を締結させるもの。

営業所などに監禁や退去妨害をして、契約を締結させるもの。

自宅などに居座り、不退去で契約を締結させるもの。

勧誘を行う時間帯が、深夜や早朝など社会通念上不適切なもの。

異常に高揚した心理状態で契約を締結させるもの。 - 催眠商法・SF商法など。

迷惑な方法で広告するもの。
- 迷惑メール・勤務時間中の勤務先への電話による販売勧誘など。

児童などの未成年者・高齢者・認知症など契約内容を十分に理解できない者に、
契約を締結させるもの。 - 高齢者や認知症患者への住宅のリフォーム(改装)など。

擬似科学的な説明を行い、商品を売りつけようとするもの。
- マイナスイオン・アルカリ性食品など。



商品やサービスなどに問題があるもの


商品やサービスなどが劣悪なもの。 - 攻略法詐欺なども。

商品やサービスなどが、その価値と比べて著しく高額であるもの。

社会通念上、価値の無い「資格」(通常は民間資格)を取得させるもの。

サクラ(おとり)がいるもの。 - 悪質な出会い系サイトなど。




契約の履行や解約などに問題があるもの

商品やサービスに関する契約を全く履行しない、又は不誠実・不完全な
履行しかしないもの。

解約が可能なのに、解約させないもの。

解約に応じるが、不当な解約手数料や違約金などを要求するもの。





個人情報の扱いに問題があるもの


勧誘や取引に際して知り得た個人情報を、正当な理由もなく漏らしたり販売
するもの。 - 顧客情報の名簿業者への販売など。




犯罪であるもの・犯罪を犯してしまう可能性があるもの


上記の各項目と結果的に重なるものもあるが、犯罪であるもの。

無知あるいは不本意ながらにせよ、犯罪を犯してしまう可能性のあるもの。

サラ金規制法や出資法などの上限を超えた高金利を要求するもの。

詐欺罪・監禁罪・不退去罪など、刑法に違反するもの。

ねずみ講防止法に違反するもの。

特定商取引法に違反するもの。

その他犯罪に該当するもの。

執拗に「合法」と強調するもの。実態は、ほとんどの場合違法なもの。
問題のない商売は合法が当然なので、わざわざ「合法」と謳わない。



posted by FX at 23:47| 悪徳商法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。